上にはペコペコ、下には偉そうなタイプ

DV、いわゆるドメスティックバイオレンスに悩まされる妻も、離婚したくても出来ないと言う深い悩みを抱えているケースもあります。

 

 

DV夫と言うのは、妻であれば何でも自分の思い通りになるし、逆らうこともないと考えているため高圧的な態度を取ります。
これは、妻は自分より下にあり支配されている立場であるという概念を持っているからです。

 

 

そのため、暴力をふるい威圧的な態度を繰り返し行うようになり、妻は反論すら出来ない状態になってしまうのです。

 

 

一方、DV夫と言うのは、社会的立場が上である上司や偉いと思った人に対しては、ペコペコと頭を下げて持ち上げるような言動を上手くするものです。
媚びることにも全く抵抗がなく、社会的立場が上の人には、自分の立場を良くするためにへりくだった態度を平気で演じられます。
ですから、会社ではDV夫であることなんて予想すら出来ないような印象の良さがあったりするので、なかなかDVの事実は、家庭外では分かりません。
そのため、妻にとっては理解してもらえる人が自ずと少なくなって来るのです。

どうしても逃れられない時には、まずDVの相談を誰かに持ちかけるようにしましょう。
自分の夫のことであっても、危害を加えられる事態を長引かせるのは良くありません。

 

コメントは受け付けていません。