相手を怒らせないように穏便に暮らすために

愛し合って結婚したはずなのに、夫婦の性格の不一致や価値観のずれがみられ犬猿の仲になってしまうことがあるのです。

 

最初はお互いに気をつかいあっていても次第に遠慮がなくなり、配慮がなくなってしまうのです。それは互いがなれ合いになり、空気の様な存在になってしまうからなのです。その代表的な事例が不倫問題なのです。妻は自分を捨てるはずはないという思い上がりで間がさして不貞を働いてしまう夫が多いのです。

紅葉03

しかしその浮気の事実が発覚したとしても妻は声を荒げたり、詰め寄って夫に浮気の事実を認めさせてはいけません。

夫はしらをきって、むしろ怒って逆切れしかねないのです。そして離婚をつきつけられて自分が不利にならないように所得や資産隠しに奔走するようになるのです。このようになると浮気された妻側が不利な条件で離婚せざるをえなくなるのです。そのため妻が有利に離婚するには夫を怒らせない工夫が必要であり、したたかに暗黙裡に証拠集めをすることが大事なのです。

 

離婚後に経済的にも困らず穏便に生活を営むためには、計画離婚を妻がしたたかに企てることが大事なのです。いつもの生活ペースを崩さず、きちんと食事の用意をしたうえで、領収書など証拠集めをすれば、まず男性は計画離婚にきずかないはずです。

コメントは受け付けていません。