離婚するなら知っておきたいこと

離婚したいけど分からないことが多くて困っている人もいると思います。???? Vol.6 ????????

 

そこで、知っておいた方がいい事柄について説明したいと思います。

 

まず、手続きの種類について説明します。

 

手続きの種類には、協議、調停、審判、裁判の4つの方法があります。協議は夫婦間での話し合い、調停は家庭裁判所の仲介、審判は家庭裁判所による審判、裁判は地方裁判所への訴えの申し出によって行われます。手続きの流れについては、方法によって違ってきます。次に、夫婦間で決めることについて説明します。決めることとしては、慰謝料や養育費、親権などで、決めておくことで、後でまた話し合わなくて済みます。親権は未成年の子どもがいる場合は、必ず決めなければなりません。決め方としては、夫婦間の話し合いや調停によって決まります。決める際は、どちらに引き取られれば子どもが幸せになれるのかということを考慮するので、子どもの都合を考えて決めます。子どもが大きい場合は、子どもの意見を聞く必要があります。両親の経済力は決める際には考慮されません。慰謝料や養育費などのお金に関わることは事前に金額を決めておくのがよいと思います。このように、知っておくことにはこれらの事柄が挙げられます。